黒酢の豆知識

黒酢サプリが悪玉コレステロールに効く理由とは?お酢の力で動脈硬化を予防

黒酢に含まれる酢酸には、動脈硬化を防ぐ効果があることをご存知でしょうか? 定期的に黒酢を摂ることで体内の悪玉コレステロールが減少し、動脈硬化を予防できます。とくに黒酢サプリなら、手間をかけずに黒酢が摂れるのでおすすめです。

最近、コレステロール値を気にしている方の間で黒酢サプリが人気です。黒酢サプリには、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減らすことができる作用があります。今回は、黒酢サプリがもつ動脈硬化を予防する効果について紹介します。

黒酢サプリの悪玉コレステロールを減らす効果とは

黒酢サプリの悪玉コレステロールを減らす効果とは
黒酢には、体内のコレステロールを下げる効果があり、とくに動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールだけを減らします。そのため毎日黒酢サプリを飲んでいると、コレステロール値が下がり、動脈硬化を防ぐことができます。

コレステロールには善玉と悪玉がある

動脈硬化の原因となるコレステロールには、じつは動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールと、動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールがあります。

悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロールは、元来、細胞膜やホルモンの材料になる体に必要なコレステロールです。しかし、体に必要な量以上のLDLがあると、コレステロールの成分が血管の内壁にたまり、血管をつまらせて動脈硬化を引き起こす原因になります。

逆に、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールは、細胞から余分なコレステロールを回収し、再利用や排泄するために肝臓へと送る働きがあるので、動脈硬化を防ぎます。

動脈硬化の予防には悪玉コレステロールだけを減らすことが重要

体内にあるコレステロールを減らせば、動脈硬化の予防することができますが、コレステロールは体に必要な成分でもあるため、まったく摂らないと健康によくありません。

体の健康を維持しつつ動脈硬化を防ぐためには、悪玉であるLDLコレステロールだけを減らすことが最善です。LDLだけを減らすことができれば、体内におけるHDLコレステロールの比率が高まり、余分な血中のコレステロールが減って、血管にたまりにくくなります。

黒酢に含まれる酢酸には悪玉コレステロールを減らす効果がある

体内のLDLコレステロールだけを減らす食材として最近注目されているのが黒酢です。黒酢に含まれている酢酸は、肝臓でコレステロールが合成されるのを防ぐ働きがあります。また、酢酸は体内でクエン酸に変化し、体内の脂肪燃焼システムであるクエン酸回路を活性化させます。

クエン酸回路が活性化すると、LDLコレステロールの元になる中性脂肪が燃焼しやすくなり、血中のコレステロールが減少します。実際、黒酢を飲んで悪玉コレステロールが減少することは、臨床試験でも実証されており、とくに継続的に摂取することで高い効果が期待できます。

黒酢サプリが毎日のコレステロール対策に最適

黒酢サプリが毎日のコレステロール対策に最適
体内のコレステロールを減らす目的で黒酢を飲む場合、継続的に飲まないと効果が発揮されないため、少なくとも3ヶ月程度は黒酢を毎日飲み続ける必要があります。ふつうに黒酢を飲んでもよいですが、毎日なかなか飲み続けられないという方は、黒酢サプリを利用するのがおすすめです。

黒酢サプリなら、黒酢をそのまま飲むより簡単に摂ることができるので、毎日でもあまり負担になりません。普段の生活で食生活に気を使う暇がないけれど、コレステロールが気になっているという方は、黒酢サプリを利用してみるとよいでしょう。

まとめ

まとめ
黒酢には、継続的に摂取することで体内の悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防ぐ働きがあります。黒酢を毎日飲むのがつらいという方は、黒酢サプリを利用すると簡単にコレステロール対策ができるので、試してみてください。