黒酢の豆知識

黒酢の副作用で胃痛があるって本当?

黒酢が体に良いことがよく知られるようになった昨今、その効果の高さは大変幅広く、愛飲する人の目的は、健康面だったり美容面だったり様々です。

ところが、この黒酢を飲んだ副作用で胃痛を起こしてしまう人がいるというのですが、いったい何に原因があるのでしょうか?

間違った摂取方法が胃痛を引き起こす

間違った摂取方法が胃痛を引き起こす
黒酢による胃痛、胃への負担は、副作用というよりも体質との相性によるもの、場合によっては、黒酢の“飲み方”を間違えたために起こってしまったこと、といったほうが良さそうです。

黒酢を“飲む”かたちで摂るのであれば、水などで薄めて飲むのが一般的です。原液のままでは濃すぎて胃に負担をかけてしまいます。

また、もともと胃が弱い人、何らかの原因で普段より胃の調子が悪くなっている人などは、黒酢を飲んだことで、胃に余計な負担がかかってしまった可能性もあります。

どうしたら上手に飲める?

どうしたら上手に飲める?
胃への負担が心配、でも黒酢を飲みたいという人は、黒酢サプリをオススメします。

カプセルタイプになっていることや、商品の説明欄に「1日何粒まで」というような指示が出ているはずですから、摂りすぎかどうかの判断もしやすいです。

また、黒酢サプリを飲むタイミングは食後か食中がいいでしょう。
空腹時の摂取は胃への負担が大きく、胃痛を引き起こす原因をつくってしまっています。

カプセルに入っている黒酢サプリであれば、黒酢そのものを飲むより心配が少ないのは確かですが、体質的なものは個々に違いますから、心配のある人は可能な限り胃に負担をかけないよう心がけるのがベストと言えます。

念のため様子を見よう

念のため様子を見よう
以上、黒酢サプリによる胃痛は、副作用というよりも、胃と黒酢の相性の問題であること、または用法・容量が正しくなかった可能性を含んでいることがわかります。

せっかくの黒酢サプリです。胃痛の心配がある人は、商品の説明をしっかり読んで、胃への負担を考慮しながら、ひとまずは「試す」ことから始めてみてください。