黒酢の豆知識

「黒酢」と「もろみ酢」の違いってなに?

最近人気が高まっている「黒酢」と「もろみ酢」ですが、「この違いがわかりにくい」「どっちも似たようなものじゃないの?」とお考えの人も、中にはいるかもしれません。
ここでは、それぞれの成分や効果の違いなどについて触れてみましょう。

黒酢ともろみ酢の効果の違い

黒酢ともろみ酢の効果の違い
まずは、黒酢ともろみ酢の違いについて説明します。

この2つの違いは、大まかに言ってしまうと、酸っぱさを感じる成分と製造工程に大きな違いがあることです。

「黒酢」は、米・米麹・水などから作られたお酢で、酸っぱい成分は「酢酸」です。一般的には、この原材料を酢酸発酵させて黒酢をつくります。

「もろみ酢」は、沖縄で有名な泡盛からできたもので、酸っぱい成分は「クエン酸」です。この泡盛の製造過程でできた蒸留粕を圧搾・ろ過してつくられます。

なお、酢酸は体内でクエン酸に変化します。この2成分は、働きの面では最終的には同じようなものと考えて良いでしょう。

黒酢ともろみ酢どちらがいいの?

黒酢ともろみ酢どちらがいいの?
また、黒酢も、もろみ酢も、上記の各成分以外にアミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富で、どちらも健康に良いものであることは間違いありませんが、飲みやすさの点では「もろみ酢」と答える人が多そうです。

これは、酢酸にはツンとするお酢独特の酸味があり、クエン酸はその系統の酸味があまり感じられない点にあります。

さらに、それぞれの利点を挙げるなら、もろみ酢の成分であるクエン酸には、体内で「クエン酸サイクル」と呼ばれる働きがあり、これがうまく働いていると体脂肪の蓄積や生活習慣病の予防をしてくれます。

一方の黒酢には、血液をサラサラにする効果のペプチドが含まれています。
血の巡りが悪くなると高血圧などの症状が出て、いずれは重大な疾患につながることもありますから、血液サラサラを目指すのなら黒酢がよいでしょう。

どちらもオススメです

どちらもオススメです
黒酢ともろみ酢、それぞれの違いはお分かりいただけたでしょうか?

どちらも健康維持を考えるならば、ぜひ摂りたい成分が豊富に含まれていますから、それぞれの商品をしっかり吟味して、自分に合ったものを選ぶのが一番です。