黒酢の豆知識

黒酢サプリを飲んで通風を予防!尿酸値を低くするのでプリン体の摂りすぎが気になる方にオススメ

痛風の原因となる高い尿酸値は、毎日黒酢を飲むことで下げることができます。とくに黒酢サプリなら、忙しい方でも簡単に黒酢を摂ることができるので、普段からプリン体の多い食事などをしていて、尿酸値が気になる方にオススメです。

痛風を予防するためには、体内の尿酸値を下げることが必要です。黒酢に含まれる酢酸には、尿酸を体外に排出して、尿酸値を下げる作用があるため、尿酸値が高い方は黒酢サプリを飲むことで痛風を予防できます。

黒酢サプリが通風予防に効果的な理由とは

黒酢サプリが通風予防に効果的な理由とは
黒酢に含まれる酢酸には、尿酸値を下げる作用があります。普段の食事でプリン体をたくさん摂っている方は、尿酸値が上昇して痛風になる可能性が高くなりますが、黒酢サプリを毎日飲むことで、痛風を予防することが可能です。

通風は尿酸値が高い方に起こる病気

痛風とは、体内に増えた尿酸が結晶化し、強い痛みをともなう関節炎を引き起こす病気です。最近では効果的な薬が開発されつつありますが、重症化すると結節ができたり、腎臓に障害が出たりするなどの危険性があります。

痛風の原因になる尿酸は、体がエネルギーや遺伝子をつくった後にできる老廃物です。基本的には尿などと一緒に体外へ排出されますが、尿酸の産出量が多くなると排出が間に合わなくなって体内の尿酸値が上がります。尿酸値が高い方は、関節などに尿酸が蓄積し、炎症を起こして痛風になります。

尿酸値上昇の原因はプリン体の摂りすぎ

尿酸値が上昇する原因の1つがプリン体の摂りすぎです。プリン体は、細胞の遺伝子であるDNAやRNAの元になる物質ですが、このプリン体が体内で代謝されるときに尿酸をつくるため、大量に摂取すると尿酸値が上がります。

プリン体は、動物の内蔵や魚介類に多く含まれており、とくにレバーや白子、エビ、イワシ、カツオなどに多く含まれています。また、ビールなどのアルコール飲料は、プリン体自体はそれほど多くないものの、アルコールの作用で尿酸値が上がりやすくなります。

黒酢に含まれる酢酸には尿酸値を下げる効果がある

痛風を予防するためには、摂取するプリン体の量を減らし、体内の尿酸値を下げる必要がありますが、黒酢を飲むことでより効果的に体内の尿酸値を下げられます。

黒酢に含まれている酢酸は、体内に取り込まれる過程でクエン酸に変わります。クエン酸には、尿酸の酸性を弱めて水分に溶けやする作用があり、体内にたまった尿酸の排出をうながします。そのため黒酢を飲むと、体内の尿酸が排出されやすくなり尿酸値を下げられるというわけです。

黒酢サプリを通風対策のために毎日飲むのがおすすめ

黒酢サプリを通風対策のために毎日飲むのがおすすめ
尿酸値を下げるためには、黒酢をなるべく継続的に摂取する必要がありますが、毎日飲むのは大変です。料理などに黒酢を利用することで間接的に摂取する方法もありますが、仕事などで忙しい方にとっては、簡単ではありません。

毎日黒酢を摂るのが手間だと感じる方は、黒酢サプリを利用するのがオススメです。サプリなら水で飲むだけなので、料理などを用意する手間がかかりません。味もしないので、黒酢が苦手な方でも安心して利用できます。

まとめ

まとめ
黒酢に含まれる酢酸には、尿酸値を下げる作用があり、継続的に摂取することで痛風を防ぐことができます。ただ、そのまま飲んだり、黒酢を使った料理を毎日つくったりするのは大変なので、手間を掛けたくない方は、簡単に飲める黒酢サプリ 効果を利用したほうがよいでしょう。